文系留学生の備忘録

アメリカに留学している文系大学生が、日々学んだこと(プログラミング、統計学、大学課題等)を書き留めておく備忘録

#06 環境設定を試みる

やっちまった。

中間試験真っ只中にも関わらず、少し時間空いたからってことで、WindowsにRuby on Railsを入れようと試みてしまった。

午前中にその日の授業が全部終わり、昼食を食べ時間に余裕があったから、やりたいのを我慢していたRubyのことを調べ始めてしまったのがいけなかった。Windowsに環境設定するぐらいなら簡単だろとおもってしまった私は、いろんなサイトを見回りまくりはじめ、設定を試みる。しかし、これがなかなかうまく進まず、悪戦苦闘すること数時間。気が付けば外は真っ暗で。。。

そして、最終的に設定も全然うまくいかなかった。まったくの初心者な私には歯が立たなかった。侮っていた。Progateでブイブイと講座を終えて自分がスパーハカーになったと勘違いしていたのだ。まったくもって情けない限りである。

反省し、ここに中間試験をしっかり終えてからやることを宣言。(ちょっくらProgateでRuby on Railsも始めてしまったことも反省しています。)こんなことしてる暇なんてなかったんだ私は。

環境設定に苦戦した翌日、試験範囲が拡がったことを授業中に知って絶望するのである。

 

設定で参考にしたサイト

qiita.com

qiita.com

techacademy.jp

#05 中間試験が始まる。

f:id:takheat:20171017032119j:plain

今週から私の大学では中間試験がスタートした。授業によって中間試験があるかないかはそれぞれ。試験の代わりレポートのみというところもある。

私がとってる授業は大半試験があるので、いつもより一層時間を使って試験勉強しないといけない時期になる。全体成績に占める割合は小さいのだが、気を抜くと一気に成績ダウンするので侮れない。

特に、今取っているGeologyとHistory of East Asiaは対策に労力がいる。進行が速いので範囲が中間試験といっても膨大になってしまうが、どちらとも授業は面白いので、そこらへは助かっている。

試験対策と同時に、課題容赦なく出されるのでそれも同時進行。私の場合試験がない英語(いわゆる国語)の授業はレポートの提出が代わりにある。ちなみにこの英語の授業、最後のレポートで(いわゆる期末試験の代わりになるレポート)ニコラ・テスラについてレポートを書くことにした。有名で、賛否両論ある故人を選べといわれたので、以前から興味を持っていた彼を選んだ。周知のとおり、イーロン・マスクが彼の名前から取って、テスラ・モーターズと名付けたのは有名な話。まだ書くのは先の話だが、リソース探しを早めにしておかないと、あっという間に期日がくるのでちょくちょく調べていきたい。

中間試験で忙しいですが、気持ちは早くRuby on Railsを学びたい方向に向いている。隙間時間にYouTubeでプログラミング学習関係の動画を漁っていて、気持ちだけ募るばかり。

とにかく、早く一週間終われッ!

#04 ProgateでRuby学習終える

一か月以内にRubyの学習終えることができた。5講座と少ないけれど、少し時間がかかってた。しかし、完全に覚えられたわけではないのでこれからも精進して復習していこう。

今日の朝ちょうど5個目の講座が終わり、

  • 継承
  • インスタンス変数の追加
  • インスタンスメソッドの追加
  • オーバーライド
  • super
  • Dateクラス
  • クラスメソッドの定義、処理、呼び出し

だった。

来週中間試験が終わったら、さっそくRuby on Railsの学習をスタートさせたいと思う。

RoRはProgateの中でも講座数が多く、時間がかかりそう。しかしなるべく一週間のうちに終わらせたい。

まだまだ中身のないブログだけれど、もう少しちゃんと学習したらプログラミング学習のブログらしくなるのではないだろうか。

精進、精進

 

 

#03 Rubyの学習再開する。

最近SQLの学習始めましたが、それ以前にもともとRubyの学習をしていました。これもProgate使って学習してます。

今日はRubyⅢ,Ⅳを終わらせてしまいました。中間試験が数日後に迫っているにも関わらず何をやっているのだろうか。

 

今回は

メソッド

引数

戻り値

キーワード引数

クラスとインスタンス

インスタンスメソッド

Initializeメソッド

実践:料理注文システム

をやった。

後半なかなか量が多くて、朝から風邪気味なこともあってやる気の出ていない今日の自分の頭ではなかなかついていくのが大変でした。復習必須。おそらく完全には理解していないので、ちゃんとヒント見ずにできるようにする必要ありそう。

#02 「統計学をまる裸にする」を読み始める。

統計学に関心を持ち始めてきたので、たまたま手元にあった日本語の本を読み始める。留学している身にとっては、日本語の書籍は貴重である。

 

統計学をまる裸にする データはもう怖くない

統計学をまる裸にする データはもう怖くない

  • 作者: チャールズ・ウィーラン,山形浩生,守岡桜
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014/07/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 高校2年生から数学的なことはとは距離を置いてきた自分。(日本の大学生時代、おそらく一年生だったか、経済学でちょっと数学的なことをやったが、対してそんな難しいものでもなかった。加えてあまり関心もわかなかった。)

留学してきて、国際政治経済学を先行しているのに、数学的なことが抜け落ちて、話が理解できないと話にならないし、このまま卒業しても恥ずかしいので、自習できることは時間があるうちにやっていこうと決意した。高校生の時の勉強とは違い、しっかりと目的意識をもって勉強するので、勉強意欲は十分にあるし、当時との違いは数学に関心と憧れを抱いてること。こういう時に勉強しないとね。

 

#01 SQL学習始める。

f:id:takheat:20171012064744j:plain

プログラミングに興味を持ってから少しずつ勉強している。現在Rubyを学習しているが、それと並行してSQLの学習を始めた。

現在学習に使用しているサイトはProgate。プログラミング初心者が初めてプログラミングに挑戦するにはうってつけのプログラミング学習サイト。

 10月10日にちょうとSQLⅠなる講座がオープンしたので早速やってみた。全体は1時間弱ぐらいで終わり、内容も簡単だった。

今回学んだのは

Where

比較演算子

Like演算子

NOT演算子

IS NULL/ IS NOT NULL

AND/OR演算子

ORDER BY

LIMIT

忘れないように復習しようと思う。